HAIRMAKEヘアメイクアドバイス

ウェディングにおすすめの花嫁ヘアメイク

ウェディングにおすすめの花嫁ヘアメイク

憧れの花嫁姿というのは人によってさまざま。レンタルサロンでウェディングドレスを選ぶときはもちろん、結婚式当日のヘアメイクも好みが分かれます。
このページでは花嫁のみなさんにおすすめのヘアメイクをタイプ別にご紹介。
なりたい花嫁像が決まっている人もそうでない人も、おおまかに分けたこのタイプを参考に自分に似合うスタイルを見つけてください。

エレガントな花嫁

凛とした上品なタイプの花嫁を目指すなら、眉や髪の分け目をきりっと見せると良いでしょう。アクセサリーはシンプルにして自然な雰囲気を出せば、気取って見えません。

●ヘアスタイル
長くても短くても、前髪もダウンでもアップにしても良いですが、分け目をストレートラインで見せると凛として見えます。
●ヘアアクセ
ボンネで正統派な雰囲気を出すのも良し。タイトなアップヘアならティアラも似合うでしょう。
●肌メイク
ハーフマットのベースで陶器のように仕上げます。厚くなり過ぎないよう注意。
●眉
髪や瞳と同じ色のペンシルで眉頭からくっきり描いて凛とした印象に。
●アイメイク
アイラインはしっかりと。ブラウンやゴールドなど肌になじむ色を使うのがおすすめ。
●リップメイク
目元のスッキリ感と対照的に、つや感を出してフェミニンな口元に仕上げましょう。

キュートな花嫁

遊び心たっぷりのキュートなタイプの花嫁は、20代を中心に比較的若い女性に昔から強く支持されているタイプです。全体的にふんわりしたエアリー感を演出するのがポイント。

●ヘアスタイル
可愛らしい印象を強調するために、ふわふわダウンスタイルや横に広がりのあるシニョンがおすすめ。
●ヘアアクセ
おすすめは小花にグリーンをあしらったヘッドリース。クラウンやカチューシャ、リボンなどもぴったり。
●肌メイク
いわゆる赤ちゃん肌や透明肌と言われるような、ふっくらとした若々しい素肌感メイクで。
●眉
直線眉は避けること。明るめの色で、輪郭をぼかした短いアーチ眉に仕上げましょう。
●アイメイク
ピンクやオレンジ、黄緑など鮮やかな色づかいでドーリーな目元に。
●リップメイク
グロスなどを使ってぷっくりした唇に仕上げましょう。ピンクを乗せてもOK。

ナチュラルな花嫁

飾らない清らかな美しさが好印象のスタイルです。強い印象のストレートヘヤより、大きめカールで耳や首筋のラインを出してすっきり見せる方が清潔感が出しやすいでしょう。

●ヘアスタイル
ゆるくて大きめの自然なカールがおすすめ。おろすなら耳を出すなどして顔周りをすっきりさせると良いでしょう。
●ヘアアクセ
生花は白一色など単色づかいにすることで清潔感がアップ。ティアラは存在感が出過ぎないよう低めのものをチョイス。
●肌メイク
ハイライトを最後に乗せるなどして、内側からにじみ出るようなつや感を演出。
●眉
直線眉は避けて、短めのアーチ眉に。髪色よりワントーン明るい色のパウダーを使いましょう。
●アイメイク
ピンクベージュやラベンダー、薄いブルーなどで透明感を出すのがポイント。
●リップメイク
透明または薄いピンクのリップやグロスで自然な立体感を。

ゴージャスな花嫁

おでこを思い切って出して、目ヂカラを強調させたメイクでキメましょう。人生で最も大切な日に、普段とは違う新しい自分でゲストに見てもらえるチャンスです。

●リップメイク
強い目元を引き立てるために、口元はツヤ感のみで自然に。
●ヘアスタイル
おでこを出して顔のパーツを強調しましょう。高さや後ろにボリュームを持たせたり、細かいカールで華やかさをプラス。
●ヘアアクセ
クラウンや大きな生花などを、フェイスラインに沿わせるように顔の前の方に付けてインパクトを狙いましょう。
●肌メイク
厚塗りはNGですが、ハーフマットでメリハリや陰影を作り込んだ肌に。さらにラメで華やかなキラキラ感をプラス。
●眉
髪色に近い色のペンシルで、目ヂカラに負けない強い眉でかっこよく仕上げましょう。
●アイメイク
アイラインを強くして、カラーもブラウンゴールドやカーキ、パープルなど存在感のある濃いめの色がおすすめ。