WEDDING ITEMおすすめウェディングアイテム

リングピロー

リングピロー

主役である新婦さんにとってはウェディングドレスを着ることだけでなく、可愛らしいアイテムに囲まれてセレモニーを迎えるのも憧れ。
結婚式が終わると着ることのないウェディングドレスはレンタルドレスを着るとしても、アイテムにはこだわりたい、
セレモニー後も使えるものならなおさら、ですよね?
結婚式当日だけしか使わないものが多い中、新居でも続けて使えるのが「リングピロー」。
ここからは、プルメリア福岡のサイトをご覧いただいている皆さんに、リングピローについてご紹介いたします。

リングピローについて

リングピローについて

リングピローとは、ウェディングで指輪の交換のセレモニーがあるまでそれを置いておく小さなクッション状のもの。
指輪の交換をすること自体がキリスト教のセレモニーなので、福岡に住む日本人にとってはウェディングに絶対欠かせないアイテムというわけではありません。とはいえ、現在は神前式や人前式などでもだいたい指輪の交換が行われるので、リングピローもほとんどのカップルが使っています。
古くは、古代エジプトの結婚式で枕状の宝石台に宝石を乗せていたことに始まり、やがてヨーロッパで挙式時に指輪の交換が行われるようになった頃にはすでに、今のようにピローに乗せて指輪を運んでいたそう。
さらに、当時からヨーロッパではリボンや縄で結び付けることは「約束」や「絆」を意味するため、結婚を表現するものとして、ピローにリボンが付けられるようになりました。


リングピローの種類いろいろ

形も色も、自由なのがリングピローの良いところですが、一般的には式のスタイルやウェディングドレスに合わせることが多いようです。
プルメリア福岡を訪れるカップルの中には、ご予約のレンタルドレスに合わせて選ぶという方も少なくありません。

クッションタイプ
クッションタイプ

リングピローの代表的な形はクッションタイプですが、長方形や正方形、ハートの形をしたものなどデザインはさまざま。一見シンプルなようですが、生地やリボンの幅などによってバリエーションが無限に広がります。最近では刺繍が施されたワンランク上のデザインも人気。ウェディングドレスともコーデしやすいタイプです。

ボックスタイプ

時間の無い新婦さんにも簡単に手作りできるのがボックスタイプ。市販のアクセサリーケースやジュエリーボックスを土台に、リボンなどで飾り付けをするだけで素敵なリングピローに仕上がります。ウェディングドレスの色に合わせて統一感を出してみると良いでしょう。

その他のタイプ
その他のタイプ

もちろん、リングピローはクッションやボックスタイプ以外でもOK。
可愛らしいぬいぐるみがリングを持っているようなデザインや、幸せな家庭の象徴でもある鳥の巣をモチーフにしたもの、和装で挙式するカップル向けには水引で作られたリングピローなどもあります。
また、花嫁が幸せになるという「4つのサムシング」のジンクスのひとつ、「サムシングブルー」にちなんで、青いポイントが入ったリングピローを使うカップルも少なくありません。


買う?レンタル?手作り?

リングピローについて

リングピローについて
福岡でのウェディングならだいたいどの会場でもレンタルすることができます。しかし有料の場合もあるので、レンタルを希望するカップルは必ず式の前に会場に確認しておきましょう。また有料でも無料でも、リングピローはレンタルドレスほど選択肢がないので、好みのデザインがあるとは限りません。
そのときは購入を考えてみてはいかがでしょうか?福岡のような大きな街であればブランドショップや手芸用品店などで見つけることができます。お値段はだいたい3000~8000円くらい。
手芸用品店には手作りキットもあって、こちらは安いものなら1000円台から置かれています。また最近はキットを使わずに、100円均一のアイテムだけで立派なリングピローを作る新婦さんも増えているようです。


セレモニーの後は

セレモニーの後は

欧米にはリングピローにまつわる素敵な言い伝えがあって、カップルがウェディングに使ったリングピローを赤ちゃんが生まれた時のファーストピロー(枕)にすると、その子が幸せになると言われています。
ボックスタイプなど赤ちゃんの枕にできないリングピローを使ったカップルの場合も、小物入れやオブジェとして新居に飾りましょう。きっと、この先もずっとセレモニーの幸せな気分を忘れずに過ごすことができます。