HOW TO CHOOSE失敗しない!ウェディングドレスを選ぶ安心テク

オーダー派?レンタル派?徹底分析

オーダー派?レンタル派?徹底分析

結婚式を控えた女性達の頭を悩ませる、
ウェディングドレスのオーダーとレンタルという問題。
オリジナルのドレスを作る喜びもいいけれど、費用も限られているし…と、迷ってしまいます。

ここでは、ドレスをオーダーするメリット&デメリット、
レンタルするメリット&デメリットをそれぞれ分析。ご自分に一番あったスタイルを見つけてみて下さい。

オーダーするメリット&デメリット

オーダーするメリット
Merit (メリット)
  1. 1ジャストフィットなサイズ感と着心地 オーダーの魅力と言えば、なんといっても自分の体型にあったジャストフィットなサイズ感と着心地。レンタルの簡易お直しでは実現出来ない、絶妙な着心地が魅力です。
  2. 2一から考える楽しさと喜び オーダードレスのもう一つの楽しみはデザイン。自分好みに仕上げていくことが出来ますので、満足度は格段に違ってきます。使う素材や装飾にもこだわれますから、一から考える楽しさと喜びはオーダーならでは、です。
  3. 3制約もなく、使う場所を選びません 使う場所を選ばないのもオーダードレスのメリットの一つ。例えばレンタルの場合、最近流行りのガーデンウェディングやビーチウェディングでは使用出来なかったり、二次会使用時は別途料金が発生したり、など様々な制約が課される場合があります。オーダードレスならその心配は一切なし。将来、自分の娘が、このドレスを着て結婚式に…なんて泣けるエピソードにも繋がるかもしれません。
オーダーするデメリット
Demerit (デメリット)
  1. 1こだわった分、高額に こだわった分だけ高額になるのがオーダードレス。但し、セミオーダーと言って、あらかじめ用意されたパターンから、自分好みに仕立てる方法なら、レンタルとあまり変わらない場合もあります。
  2. 2保管場所 結婚式は基本一生に一度。仮に2度目があったとしても、一度着たウェディングドレスを着るのはちょっと抵抗があります。となると、一度着たドレスは、ずっと保管しなければならないという問題が発生します。それを思い出とするならば、もちろんそれはそれで素敵な事ですが、決して広いとは言えない日本の住宅事情を考えると、やはりドレスの保管は難しく、場所を取って邪魔だという意見が多数を占めます。
  3. 3一からドレスを仕立てる難しさ 特にフルオーダーの場合ですと、一からドレスを仕立てていくので、それなりのデザインセンスが必要となります。漠然としたイメージを具体的におこしていく難しさは、実際にオーダーしてみるとよく分かると思います。


レンタルするメリット&デメリット

レンタルするメリット
Merit (メリット)
  1. 1選ぶ楽しみ 提携外のドレスサロンにも目を向けると、選択幅は無限大。“選ぶ楽しみ”はレンタルならでは、です。毎年新作も続々と発表され、時代時代で変わるトレンドをいち早く取り入れることが出来ます。
  2. 2保管場所いらず 所有したウェディングドレスは維持も大変ですが、保管場所で困るという点で最も多くの意見を占めています。レンタルの場合、そのことで頭を悩ませることがありません。
  3. 3費用をおさえられます レンタル料金はドレスによって価格帯の幅がありますが、総合的にオーダーよりもはるかに安く押さえられます。
    購入では到底手が届かないブランドもののドレスも、レンタルならば安価で着ることが可能。ドレスにはこだわりたいけど、費用は押さえたいという人にもレンタルはおすすめです。
レンタルするデメリット
Demerit (デメリット)
  1. 1何度も着られている 自分以外の人が何度も着ているという点で、クリーニングされていてもあまりいい気分を持たない人も多いようです。
  2. 2様々な制約 やはり借り物ですから、色々と制約があり、何かと慎重に扱わなければならないのがレンタルで一番気を使う所。
  3. 3使う場所や回数により加算する場合も 結婚式を今お住まいの場所と、実家のある場所、両方で行ったり、海外で挙式して日本でお披露目会をするといった使い方をする方もいらっしゃいます。また、二次会で引き続きドレスを利用したい場合は別途レンタル料金が発生するという場合も。確実に何回かドレスを着る機会があるという方は、その度レンタル料金が発生してしまい、高くつくケースもあります。