HOW TO CHOOSE失敗しない!ウェディングドレスを選ぶ安心テク

これで解決!ドレス持ち込み料の謎

これで解決!ドレス持ち込み料の謎

結婚式には、お気に入りのウェディングドレスを着たいもの。
ウェディングドレスと言えば、式場はレンタルウェディングドレスサロンと提携していることも多く、
指定のドレスサロンでレンタルするのが定番です。しかし、世界に一つだけのオーダーメイドのドレスなど、
「このウェディングドレスを着て結婚式をしたい!」と思える運命の一着に出会ったら、
ドレスの持ち込みを考えてみてはいかがでしょうか。
ここでは、ウェディングドレスの持ち込み料についてのお役立ち情報をご紹介します。

持ち込み料とは?

持ち込み料とは?

式場が指定するドレスサロンではなく、他のお店でレンタルしたドレスや自前のウェディングドレスを持ちこんで着る場合に請求される費用です。持ち込み料の対象は、挙式会場によって違いますが、ウェディングドレス、ブーケや引き出物です。
また、式場の提携業者ではないところにビデオ撮影や写真撮影を依頼する場合も持ち込み料がかかる場合があります。

この落とし穴に注意!
式場と提携しているサロンのドレスをレンタルするセットプランの場合で持ち込んだドレスを着る場合、ドレス代の返金は基本ないことが多いので注意が必要です。


持ち込み料がかかる理由とは?

持ち込み料金は持ち込んだドレスの保管や、保管にともなうドレスのトラブル回避のためと言われています。また、ウェディング業界の裏事情が関与しているのだとか。提携業者は契約が取れた際に、斡旋してくれた式場に斡旋料を払うシステム。もしも、提携業者を使わず持ち込まれては、式場に斡旋料が手に入らなくなります。そのため、持ち込み料で徴収しているとも言われています。



持ち込み料の相場とは?

持ち込み料の相場とは?

式場によって千差万別です。多くのサロンの相場は(ドレス1着に対して) 約5~10万円が、平均的です。最近では、「持ち込み無料」を謳う式場も増えていますし、式場の衣裳コーディネーターにドレスの持ち込み料を予め確認しておくと良いでしょう。

この落とし穴に注意!
値引き交渉は式場契約をする前まで。「高額な持ち込み料」や「挙式場に衣裳の持ち込み禁止」に疑問を抱いた場合は、契約を締結する前に、式場側に問い合わせるのがポイントです。


持ち込み料がもたらす失敗とは?

持ち込み料がもたらす失敗とは?

「ドレス持ち込み料」がかかるのなら、式場が提案するセットプランの方が良いと感じる方もいらっしゃるでしょう。式場から初回の打ち合わせで予算内の見積もりを示されると、思わず「これでいいかも!」と思いがちですが、ちょっと待って下さい。その予算で、本当にあなたの好みのウェディングドレスがレンタル出来るのか、しっかり確認しましょう。いざ具体的に話を進めると、「提携サロンのドレスが自分の好みに合わなかった!」「予算内だと気に入ったドレスがない!」などのトラブルになってしまう可能性もあります。「持ち込み料」を気にし過ぎてウェディングドレスを妥協すると、大きな後悔が待っているかもしれません。結婚式において、ウェディングドレスは重要なアイテムです。ご自分が納得のいくウェディングドレスを着られる最善の選択をして下さい。



持ち込み料を軽減・回避する方法とは?

持ち込み料を軽減・回避する方法とは?

運命のウェディングドレスに出会えたなら、出来れば持ち込み料の負担を軽くしたいもの。ここでは、持ち込み料を軽減・回避するための方法をご紹介します。

  1. 1持ち込み料無料の式場を選ぶ
  2. 2式場を決める前に、式場プランナーに相談&値引き交渉をする
  3. 3持ち込み料を負担してくれるドレスサロンを選ぶ