HOW TO CHOOSE失敗しない!ウェディングドレスを選ぶ安心テク

ウェディングドレスの目利きになろう!

ウェディングドレスの目利きになろう!

「結婚式会場の候補はあるし、流したいBGMも決まっている。」
憧れの結婚式を叶えるには一つ一つの要素が大切です。
そして、ウェディングドレス選びの重要性は格別です。
だからこそ、「質の良い」ウェディングドレスを選びたいものですね。
ひとくちに「質の良いウェディングドレス」と言っても、
実際どんなウェディングドレスのことを貴方にとってベストなのか、
何を基準に見極めれば良いのか曖昧ではありませんか。
ここでは、ウェディングドレスの目利きになれるポイントをご紹介します。
ゲストの方にも一目置かれる、とっておきのウェディングドレスを選びましょう。

注目ポイント. 1     素 材

純白のウェディングドレスの印象を大きく左右するのが、ウェディングドレスの素材です。生地のツヤやハリの有無、レースや下地の素材の種類でまったく違った雰囲気になります。シンプルであればあるほど、素材の質が際立つもの。実際に目で見て、可能なら生地に触れて、素材をチェックしてみましょう。値段が高ければ良いわけではありません。ポイントは、安っぽく見えないことです。

シルク素材について
ウェディングドレス素材の王道と言えば、やっぱりシルクです。シルクは蚕の繭からとれる天然の繊維で、上品な輝きとなめらかさが特長。通気性と吸水性が良いので夏は涼しく、保温性が高いので冬は暖かく感じられます。また、紫外線を防ぎ、静電気が起きにくい性質があるので一年を通して着やすい点もポイントです。そのため、シルク素材のウェディングドレスは人気です。イギリスのダイアナ妃のウェディングドレス素材で有名なシルクタフタをはじめ、手ざわりが良くなめらかで高級感のあるシルクサテン、サテンシルクオーガンジーなどシルク素材はバリエーションも富んでいます。中でも、ミカドシルクは、「ミカド(帝)」の名に相応しく、ウェディングドレスの最高級の素材として知られています。
化繊のサテン地素材について
化繊のサテン地素材について
化繊サテン素材のドレスは、ものによって安っぽく見えてしまうことがあります。一方で、同じ化繊サテンを使っていても、チュールやオーガンジーを組み合わせることで素敵に見えるドレスもあります。気になるドレスは安っぽく見えないか、チェックしましょう。
レース素材について
レース素材について
ドレスを全体に覆ったり、ドレスのポイントとして使われたりするレース素材。大きく分けると手編みレースと機械レースの二種類ですが、細かく分けると色、柄ともに多種多様です。ウェディングドレスでは、高級レースと知られるリバーレースを思わせる繊細で高品質な「ラッセルレース」がよく使われています。レース素材はレース自体だけでなく、ドレス全体の雰囲気に合っているか、生地との相性もチェックしてみましょう。
□生地のツヤやハリはどうか?
□レース素材と生地の相性はどうか?
□生地の手ざわりはどうか?
□ドレスが安っぽく見えないか?
注目ポイント.2     縫製と装飾

素材の良し悪しを見極めたら、次にチェックしたいのが、縫製と装飾です。こちらは、間近でしかチェック出来ないポイントので、ドレスショップでしっかり見極めましょう。

縫製について
縫製について
質の良いウェディングドレス選びのポイントは、縫製です。遠巻きに見る場合には問題ありませんが、間近で見るとドレスの縫い目が雑でガッカリなんてこともあります。縫い目が汚くないか、ほつれていないか、チェックしましょう。本物の上質にこだわったドレスは、縫製まで美しいものです。
装飾について
装飾について
また、刺繍やコサージュなどのドレスの装飾は、職人の力量によって質の差が出やすいものです。例えば、腕の良い職人がひと針ひと針ていねいに手で縫った刺繍は、素人目に見ても感動するもの。装飾の素材の質のチェックと併せて、ドレス全体の雰囲気に合っているか、安っぽく見えないかをチェックしましょう。また、ドレスをレンタルされる方は、ビーズやスパンコールなどの状態も確認しましょう。保管状態が悪かったり修復されていないと、ビーズやスパンコールが割れていたり、取れていることもあります。
□縫製はきれいか?
□コサージュは重くて垂れ下がってないか?
□刺繍やコサージュなどが安っぽく見えないか?
□ビーズやスパンコールなどの状態はどうか?
注目ポイント.3     デザイン
デザイン
最後に注目して頂きたいのが、デザイン。純白のウェディングドレスは、素材とデザインが命です。「デザインは写真で確認出来るじゃない」と思われる方もいらっしゃるでしょう。ですが、2次元の写真で見るのと、実際に3次元で実物を見るのでは、デザインの印象が変わってしまうこともあります。デザインは、ウェディングドレスを手にとって見るだけでなく、実際に試着して確認すると良いでしょう。
□縫製はきれいか?
□コサージュは重くて垂れ下がってないか?
□刺繍やコサージュなどが安っぽく見えないか?
□ビーズやスパンコールなどの状態はどうか?