HOW TO CHOOSE失敗しない!ウェディングドレスを選ぶ安心テク

こだわりのシューズ選び

こだわりのシューズ選び

ウェディングドレスだけでなく、小物選びにも、とことん凝る現代女性。シューズにもこだわって、自分らしさを出しましょう。
結婚式は、意外と歩いたり座ったりする機会が多いため、足元がゲストの目に止まることは多いもの。特に最近人気が高い歓談中心の結婚式では、ゲストとの距離が近いため、頭の先から足の先まで、くまなくチェック!?されています。
ここでは、シューズを選ぶポイントをご紹介。是非参考にして、靴にもあなたらしさを表現しましょう。

ウェディングシューズの鉄則

結婚式での主役はもちろん花嫁です。洋服を選ぶ感覚でウェディングシューズも選んでしまいがちですが、一番大切なのは以下の2点です。
01.ドレス丈とのバランス。裾を引きずらないように実際に試着して歩いてみましょう。
02.新郎との身長のバランス。理想的な身長差は10〜15cmです。この位になるようにヒールの高さで調整しましょう。

のみの夫婦・男性のシークレットシューズだってあり!

のみの夫婦・男性のシークレットシューズだってあり!
新郎より新婦よりの方が大きい夫婦のことを「のみの夫婦」と表現します。近年は大柄な女性の魅力を最大限に引き出すべく、新郎の身長は気にせずに、女性の背が高い事を強調するカップルだっています。
一方で、男性の中には、身長を高く見せたい方もいるでしょう。そういう方にはシークレットシューズもおすすめ。いずれにせよ、ヒールの高さは新郎と良く話し合って決めましょう。

ウェディングシューズ選びのポイント

ウェディングシューズ選びのポイント
●歩きやすさ重視
素敵なウエディングドレスに身を包んでいるのに、ロボットみたいなきごちない歩き方・・・これでは台無しです。重くて着慣れないウェディングドレスで歩くだけで、足には想像以上の負担がかかります。必ず試着して歩きやすさを確かめましょう。デザインより歩きやすさが最優先です。
普段ヒールを履かない方は、プライベート用に一足購入してみて、練習を兼ねて慣らしていくもの1つの手です。
●基本は白が人気
ウェディングドレスと合わせるのなら、無難に白がおすすめです。オフホワイトも良いでしょう。チラッと見える事を想定して、足先やかかとに飾りが付いているものや、全体に刺繍模様が入っている物だと、こだわり感が出ます。
●ベルト付きなら歩きやすい
歩いている時にパカパカとかかとが浮いてしまうのは危険ですし、避けたいものです。足首にベルトが付いているタイプであれば、そのような心配はありません。
●ヒールの高さは8〜10cmが理想
ウェディングドレスの丈は、10cmのヒールを履いた状態を想定して作られている物が多いです。ただ妊婦さんは転倒の危険があるので、太め・低めのヒールを選んだ方が良いでしょう。ヒールが高くても、靴底の前の部分も高くした「ストーム付シューズ」だと安定します。
●屋外のウェディングは要注意
近年大人気のガーデンウェディングやロケーションフォトウェディング。屋内の床と屋外は全く違います。屋外を歩く際に、ピンヒールが芝生にうまって靴が汚れてしまったり、ごつごつした石畳の上を歩いて足をくじいたりする危険があります。安定感のあるヒールを選びましょう。
●ミニ丈・ミモレ丈にはブーツでも
足元が見えるドレス丈なら、ショートブーツや編み上げのサンダル、スパンコール付きなど、目立つデザインの靴でも素敵ですね。縦のラインを強調した靴を選ぶと、全体的にすっきりと見えます。

購入して普段も履くなら・・・

購入して普段も履くなら・・・
シューズはレンタルする方が最も多く、それゆえに冒険もしやすいものです。でも、購入してプライベートでも使用したい方もいます。そういう方には、真っ白よりもアイボリー、オフホワイトなどが洋服に合わせやすく、おすすめです。飾りも付け外し可能なものだと便利です。ヒールの高さも6cm程度にすれば、ストレスなく普段履きが出来るでしょう。