HOW TO CHOOSE失敗しない!ウェディングドレスを選ぶ安心テク

カラードレスの選び方

カラードレスの選び方

披露宴のお色直しや2次会・フォトウェディングで、カラードレスをレンタルする方は多いですね。
純白のウェディングドレスよりも、花嫁の好みやセンスが問われるカラードレス。
最近は有名人がプロデュースしたものや個性的な柄やデザインのものが増えたため、どれを選ぼうか迷う方が多いのではないでしょうか。
でも、難しく考えることはありません。ここでは、カラードレスを選ぶ際のポイントをご紹介します。
ウェディングドレスでのイメージをガラリと変えて、ギャップを楽しみましょう。

「プルメリア福岡サロン」では多数のカラードレスを用意し、プロのスタッフが新郎新婦をお待ちしております。お気軽にお立ち寄り下さい。

自分の顔が一番きれいに見える色で

人は皆、自分に似合うパーソナルカラーがあります。パーソナルカラーは、肌や目や髪の色・骨格や目鼻だちによって変わります。そのパーソナルカラーから大きく外れない色を選ぶのがおすすめです。
具体的には、顔の近くにその色を持ってきて鏡を見て、表情や顔色が美しくきれいに映る、と感じた色がパーソナルカラーです。
また、自分が感じる印象と他人が感じる印象には多少ずれがありますので、サロンのスタッフや新郎の意見を聞きながら、カラードレスを選ぶとよいでしょう。

年齢や人柄も考慮

年齢や人柄も考慮
年齢が20代と40代では、似合うドレスの色やデザインは変わります。40代なのにガーリッシュなピンクのカラードレスだと少し違和感がありますし、逆に20代なのにシックなダーク系のカラードレスだと、もっと若さをアピールした方が良いのに、と感じることもあります。

また、その人のキャラクターや雰囲気も重要な要素です。明るくて快活な方なら、その人柄を表すような明るい雰囲気のカラードレスが似合いますし、大人しめでクールな方なら、清涼感の出るカラードレスが似合うでしょう。

場所や式場の雰囲気に合うように

式場のイメージカラー・テーマカラーと合わせると、全体的に統一感が出るので、会場全体の魅力が増します。会場の生花やクロス・カーテンの色などとコーディネートするとよいでしょう。
季節も考慮しましょう。夏にベロア素材のカラードレスは暑苦しい印象を与えてしまいますし、冬に肌の露出が多いシースルー素材のドレスだと、寒々しい雰囲気になってしまいます。
屋内ではライトが強く当たるので、原色系のカラードレスがとても美しく映ります。一方、屋外では太陽光に映えるパステルカラーやシャーベットカラーがおすすめです。よく検討しましょう。

身長や体型、新郎とのバランスも

身長や体型、新郎とのバランスも
大柄で体格の良い人は、淡い色や装飾の多いドレスだと、さらに体が大きく見えてしまうので、気を付けましょう。小柄で細身の人は、目立つ色で装飾も多めのドレスを着用すると、自己主張が出来ます。

新郎とのバランスも考慮しましょう。新郎が大柄な場合は、新婦もボリューム感のあるカラーが合います。新郎が小柄な場合は、あまりインパクトの強いカラーにすると新郎の存在感がなくなってしまうので、注意が必要です。二人並んだ時のバランスを良く考慮しましょう。

色によって相手に与える印象は異なる

色によって相手に与える印象は異なる

ウェディングドレスは白なので、デザインで個性を出します。一方、カラードレスは色によって相手に与える印象が変わるため、自分が目指す花嫁像が表現出来ます。以下に色ごとの印象をまとめましたので、参考にして下さい。

  • ●赤:情熱的、活動的、活発
  • ●オレンジ:暖かさ、家庭的、知的
  • ●ピンク:女性的、可愛らしさ、優しさ
  • ●黄:幸福、向上心、希望
  • ●緑:調和、協調性、安心感
  • ●青:冷静さ、誠実性、信頼感
  • ●紫:神秘的、優雅さ、高貴
  • ●黒:クール、洗練性、都会的

いかがでしたか?「プルメリア福岡サロン」では知識も経験も豊富なプロのスタッフが常駐しています。新婦が最高に輝く1日になるように、心を込めてカラードレス選びのお手伝いをさせて頂きます。